義歯治療

当院で取り扱う入れ歯についてご案内します。

総入れ歯

全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。

部分入れ歯

歯を失った部分にのみ入れる入れ歯です。使用する材料によって、仕上がりが違ってきますが、保険の材料ではある程度までの材料しか使用できません。

入れ歯の材質について

ノンクラスプデンチャー

金属のばねを使わない入れ歯です。半透明なため目立たず、ばねをかける歯にも負担がかかりにくいです。 保険適用外の入れ歯になります。

金属床義歯

歯ぐきに触れる部分が金属でできています。 保険で使用する材料のレジンより薄く出来るため、しゃべりやすく、丈夫で壊れにくく、また残りの歯への負担も少なくすることが出来ます。 保険適用外の入れ歯になります。

レジン床義歯

歯ぐきに触れる部分がレジン(ピンク色のプラスチック)でできている保険適用の入れ歯です。厚みがあり大きく、違和感も大きいですが、安価に症例を選ばずに作ることができます。